• HOME
  • ライフスタイル
  • 1人でいつも頑張ってばかり…と思っていませんか?「引き寄せの法則」を日常に活かすとしたらシリーズその1

1人でいつも頑張ってばかり…と思っていませんか?「引き寄せの法則」を日常に活かすとしたらシリーズその1

ライフスタイル

「いつも私ひとり頑張っているのに、なぜだか報われない…」
そんな風に思ったことはありますか?

私自身も、ずっとそんな風に思っていたことがあります。
仕事では、なぜか自分だけが損な役回りばかり押し付けられて(いたような気持ちになり)、

「なんで私ばかり理不尽な目に遭うんだろう…」
と思っていた日々がありました。

今振り返ると、
そんな風に思っているのは私だけではなくて、
誰もが理不尽な思いをしているとわかるのですが、
当時は私なりに必死だったんですよね(恥)

当時は、この「自分だけが頑張っている」ループに陥り、
なんとかして鬱々とした気持ちから抜け出したくて、
ありとあらゆる自己啓発の本を読んでみたり、
セミナーを片っ端から受講していました。

というわけで、本日のテーマは、この
「私1人でいつも頑張ってばかり…」
と感じてしまう気持ちについてです。

女性は特に、頑張り屋であればあるほどに、
「私だけ頑張っている…」
って気持ちになりやすいんじゃないかなと思うんです。

そこで!
今日は、そんな頑張り屋なあなたにこそ知ってほしい、
とっても毎日が楽になるためのヒントをお伝えします。

それは、
「引き寄せの法則を使って、あらゆるものに応援されるあなたになる方法」です。

しかも!今回はSeemly版「引き寄せの法則」なので、
一般的な「引き寄せの法則」とは一味違う、
「頑張る女子がゆるんで、毎日を軽やかに生きるためのヒント」
をお伝えできればいいなと思います^^

「引き寄せの法則」とは

そもそも、「引き寄せの法則」という言葉を知っていますか?

引き寄せの法則とは、自分の思考やあり方を変えることによって望ましい現実を引き寄せようとするものです。
ナポレオン・ヒルの著書「思考は現実化する」から派生した成功法則のひとつと言われています。

ここ数年でとても話題になった言葉で、
近年の自己啓発書で、とても流行している考え方のひとつです。

簡単に言えば、

「自分の理想にいつも意識を合わせていれば、
望みどおりの未来がやってきたり、
夢が叶うようになる」

というものです。

奥平亜美衣さんを代表として、
日本でも多くの作家さんから、おととし~昨年にかけて、
「引き寄せ」関連の本が、大流行していました。

2017年~2018年にかけて「引き寄せ」関連のブログが大量に書かれ、
「引き寄せ」についてのまとめサイトが作られ、
人気ランキング上位セミナーにはかならず「引き寄せ」関連セミナーがあり、
多くの人に「引き寄せ」が知られるようになりました。

「引き寄せの法則」を活かせば、
仕事も、恋愛も、お金も、あなたの思い通り!
Facebookのウォールがそんなアオリ文であふれていた時期も…。

引き寄せの法則を人生に活かす方法

では実際に、
どうやってこの「引き寄せの法則」を人生に活かすのか?
が気になるところですよね。

「引き寄せの法則」で有名な手法は様々で、
たとえば、こんなコツたちを聞いたことがあるでしょうか。

「自分の理想の生活や夢を紙に書きだして、夜寝る前と朝起きたときに読み上げる」
「いつでも自分の理想の生活や夢に意識を合わせる」
「夢が実現したときのことをリアルにイメージして、その状態の自分で生きる」
「心でいつもポジティブなことを思っている」
「その日1日の感謝できることをノートに毎日書く」
「宇宙の力を借りて恋愛も仕事も思い通りに成功させる!」

こんな風に、「引き寄せの法則」には、様々な手法があります。

ただ、Seemlyでは、更に一歩踏み込んだ
「引き寄せの法則」の実践方法をお伝えしたい!
と思っています。

なぜなら、「引き寄せの法則」は、
安易に使用すると「代償」を持って行かれることがあるためです。

「引き寄せの法則」の本当の意味とは?

そもそも、「引き寄せの法則」の本当の意味を考えたことがありますか?

「へえ~引き寄せの法則って、望んだものが引き寄せられる法則のことなのか!すごい!」

私は、「引き寄せの法則」を知った当時、そのように感心し、
「よおし、これからたくさんの幸せを引き寄せるぞ!」
と意気込んでいたことがありました。

そんなとき、尊敬する脳科学のコーチから、こんな一言がありました。

「引き寄せの法則は、どうして生まれたのだと思う?
自分の思い通りに何でも叶えるための法則だと思う?
もし、あなたがそう思っているなら、すぐに行き詰ると思うよ」

尊敬する人からそんな風に言われ、当時20代だった私はびっくりしました。

「どうして?望むことを引き寄せたいと思ってはいけないの?
それなら引き寄せの法則とか、なんで流行っているんだ??」

頭の中は「???」だらけでした。

尊敬するコーチは、そんな私に、教えてくれたのです。
引き寄せの法則の本当の意味を。

「引き寄せの法則」=「魅力の法則」

「引き寄せの法則の原書のタイトルは『Law of attraction』
attraction』とは『魅力』という意味。
つまり、引き寄せの法則は、『魅力の法則』が真のタイトルなんだよ。

そもそも、引き寄せが起こる人にはなぜ、引き寄せが起こるのだと思う?
それは、その人に魅力があるからだ。
魅力があるということは、そこに引力が発生するということ。
だから、望んだものが、その人の引力に引っ張られて、その人の手元にやってくるんだよ。」

そう教えられたとき、目からうろこがボロボロと落ちていくのを感じました。

なるほど、と。

引き寄せの法則を、真に使いこなしている人は、
そもそも「魅力的な人」であり、
「魅力的な人であろう」と努力したからこそ、
様々なものがその人を好きになって、引き寄せられていくだけなのだ、と。

つまり、「望むものを引き寄せよう!」という目的で、

「自分の理想の生活や夢を紙に書きだして、夜寝る前と朝起きたときに読み上げる」
「いつでも自分の理想の生活や夢に意識を合わせる」
「夢が実現したときのことをリアルにイメージして、その状態の自分で生きる」
「心でいつもポジティブなことを思っている」
「その日1日の感謝できることをノートに毎日書く」

こんなさまざまな努力をするのもいいのですが、
より手っ取り早く引き寄せられるのは、

私たちが「魅力的である」ことを目指すことなのだ、
と教えられた瞬間でした。

そもそも、「簡単!」と言われる引き寄せの法則の落とし穴とは?

そもそも、
「心で望んだことが現実化する」
ということが引き寄せの法則であるならば、

なぜ、この世から不幸な人はいなくならないのでしょうか?
なぜ、努力しても報われない人がいるのでしょうか?

答えは、人間は集団で生活しているから、にほかなりません。

たとえば自分ひとりが「引き寄せの法則」でうまくいった場合、
その叶えた現実が独りよがりなものや
「自分ひとりさえよければいい」というものであったなら、

たとえ望みどおりの現実が手に入ったとしても、
幸せは長く続かないかもしれません。

なぜなら、自分ひとりだけ幸せだとしても、
人は幸せを感じ続けられない生きものですし、

また、独りよがりな願いは、
一次的にはうまくいっても、
長くは続かないのが世の常です。

私自身も、「なんで私ばかり理不尽な目に!?」と、
自分の仕事を放棄したことが、過去ありました。

その結果、会社の上司や先輩が、
その仕事を引き取ってくれ、
私は自由な時間が増えました。

それは望んだことであったはずなのに、
心に大きなもやもやが残ったのです。

このとき、私が放棄した仕事を引き取ってくれた上司や先輩に、
心から申し訳ないと思いましたし、
自分の役割から逃げ出しても、
本当の自由はやってこないのだ、
と、この時知りました。

自分だけが望む未来を手に入れても、
周りが幸せでなければ何の意味もないのだ、
と、知った瞬間でもありました。

つまり、私たちが「何を引き寄せようとしたか?」によって、
引き寄せの法則の「自分にとっての最終的な満足度」は、
大きく変わるものなのですよね。

「引き寄せ」よりも、まずは「周りに応援されている自分」であるかどうか?

そこで、大切にしたいのが、
「あなたの望みは応援されるものであるかどうか?」
という視点です。

引き寄せの法則の裏ルールですが、
「自分ひとりが意識して引き寄せようとしたもの」
よりも、
「より多くの人・モノが願ったもの」
のほうが叶いやすい、というルールがあります。

ということは、必然的に、

「より多くの人・モノが願ったもの」を
自分の望みにするということは、

「より多くの人・モノから応援される願い」
ということになります。

この裏ルールを知っていると、
あなたの願いは加速度的に叶いやすくなります。

多くの人に願われ、望まれる願いと、あなたの願いの重なる部分をぜひ見つけてみてください。

たとえば、
「美しくなりたい」
というのがあなたの願いだとしたら、

「より多くの人・モノから応援される願い」との交点を見つけてみる工夫をしてみるのがおすすめです。

「美しくなりたい」×「応援される望み」=?

たとえば、

「美しくなることで、いつでも元気で明るく仕事を頑張ることができ、
職場の皆の力になりたい!」

という望みに変えてみる、などです^^

あなたの望みと、周囲から応援される望みとの
「交点」を見つけてみる、という感覚、なんとなく伝わりますかね?

あなたの願いは、どうすれば「応援されているか」判別できるのか?

あなたの望みは「応援されるものであるかどうか」を知る方法もあります。

そもそも、私たち人間は、
自分のことはいちばんわからないものですよね。

人のことは、
「あーあー、あの人、ちょっとずれてきちゃってるなー」
とわかったとしても、
自分のことになると、まったく見えなくなるのが私たち人間なのです…。

ここで応援されるかどうか、というのは、
もちろん「人」も含まれるのですが、
「場所」や「時間」も含まれます。

ですので、あなたの望みが
「うまくいってるよ!」
「応援されているよ!」
とわかるサインは様々なことに現れます。

たとえば、
乗り遅れる!と思っていた電車にちょうどぴったり間に合ったり…
見たい!と思っていた映画の前売り券が手に入ったり…
ずっと前から会いたい!と思っていた人と偶然会うことができたり…
なんだか気になる…と思って手に取った本が、その日の仕事のMTGのテーマにドンピシャだったり…

そんな、「偶然」を装って現れます。

これを「シンクロニシティ」と呼んだりもしますが、
日本語では「兆し(きざし)」と呼びます。

逆に、あなたの望みが「応援されていない」場合や、
「そっちに行かないほうがいいよー」という場合には、

大切な予定の前日に風邪をひいて寝込んでしまって予定をキャンセルしなくてはならなかったり…
大切な用事のときに、家族や恋人から呼び出しが入ってその用事に行けなかったり…
いつもは間違えない電車の乗り換えを間違えて遅刻してしまったり…
なぜかそこへ行こうとするとけがをしてしまったり…

そんな「兆し(きざし)」となって現れます。

あなたの望みが「応援されるものであるかどうか」の判断基準のひとつとして、
よろしければ参考にしてみてくださいね^^

引き寄せの法則を、あなたがあらゆるものに応援されて生きるために使おう

「いつも私ひとり頑張っているのに、なぜだか報われない…」

冒頭で、そんな悩みをご紹介しました。

かつての私も、いつもそんな風に思っていました。

いま振り返ると、当時の私は、
「私が成長したい」
「私がお金をもっと稼ぎたい」
「私がもっと優秀でありたい」
「私がもっとよい会社で働きたい」
「私ばかり、なぜこんな仕事をしなきゃいけないのか?」

そんな風に、「私」のことばかり考えていたように思います。

この時代に「引き寄せの法則」が流行ったことの意味を考えると、
おそらく、
「自分だけじゃなくて、周りが良くなることに意識を合わせたほうが、もっともっと望みが叶いやすくなるよ」
という、有形無形のあらゆるものからのメッセージなのではないかと思います。

頑張り屋の方ほど、自分ですべてを抱えこもうとしてしまう。

そんな現代だからこそ、
「周りに応援される引き寄せの法則」のコツをぜひ、実践してみてはいかがでしょうか?

ほんの少しでも頭の隅に置いて、
ますます、楽に、楽しく、明るく!
ステキ女子が活躍する世の中になればいいなと思います^^

関連記事一覧