• HOME
  • スキンケア
  • 美白になるには、なにをすればいいの?地黒から美白になりたい人必見!原因から対策法まで徹底解説!

美白になるには、なにをすればいいの?地黒から美白になりたい人必見!原因から対策法まで徹底解説!

スキンケア

女性なら誰でも透き通った白い肌に憧れますよね!
美白になるにはお高い化粧品でのケアしか方法はないの?と思いがちですが、実はそれは間違い。美白化粧品やクリーム・美容液などを使用する前に、美白になるには日々のインナーケアやスキンケアが必須です。
美白になるにはどうすればいいの?!と知りたいあなたに、今回はそもそもなぜ肌は黒くなるのかという原因から、美白を作るおすすめの方法までご紹介します♪

肌が黒くなる原因って?

原因その1:紫外線

これはもうみなさん知っての通り、紫外線による日焼けが肌を黒く見せます。

日焼けのもともとの原因は紫外線を浴びたことによって、肌が色素によって紫外線を皮膚から守ろうとしてメラニンが作られます。このメラニンは色素が濃いため、強い紫外線を浴びれば浴びるほどたくさん生成されるので、結果、日焼けに繋がります。

夏は黒いけど冬になると白く戻る、ということありませんか?それは肌のターンオーバーにより肌が生まれ変わって、黒い部分が剥がれ、本来の肌色に戻るからです。

でも、紫外線対策をしていない場合は、毎日紫外線の影響を受けることとなり、肌のターンオーバーに間に合わず、色素沈着してしまってシミができてしまいます!なので日焼けの延長線上にはシミがいるので紫外線対策は欠かせないですよね。

原因その2:メラニンの色素量

生まれつき地黒という方の原因はコレ。もともと持ってるメラニン量は遺伝で決まります。なので、生まれた時にメラニン量を多く引き継いでいると、地黒になります。そのため生まれつきメラニン量が少ない人は色が白いんです。ですが、遺伝で地黒だから美白は無理!と諦めるのは早いです。

無理矢理、美白を目指した方がいい!とは言いませんが、地黒の人も美白を最初から諦める必要はないってことです。くすみや肌のきめを整えることで、つややかで透明感のある白肌印象は作れます。

原因その3:肌のくすみ

美白になるためには紫外線と同じくらい、天敵のくすみ。乾燥による潤い不足だったり、血行が悪かった状態だとお肌がくすみます。お肌がくすんだ状態だと、透明感がなく、黒ずんで見えてしまうため、お肌のトーンが暗く見えてしまいます。美白肌を作るなら、肌のくすみは解消させましょう!

美白になるには?今すぐできる対策5つ

美白には基本的に洗顔、保湿、食事、日焼け止めの4つのケアが必要と言われています。


高い化粧品を使ったりする前に日々のケアをまずは見直してみることが大事だったりするんです!
その4つに加えて、これも!というオススメの方法をいくつかピックアップしてみました!

対策1.保湿

美白には日焼け止めというイメージが強すぎて、ついつい見落としてしまう「保湿」も美白には欠かせないケアなんです。美白ケアを最大限に生かすためには、まずは肌のコンディションを整えてあげることが一番重要です。

保湿不足で「乾燥」を起こすとくすみの原因になりますし、シワやたるみの原因にもなります。
さらに、肌は潤ってる状態だと、紫外線の刺激を受けにくく、肌のターンオーバーも正常になるためメラニンによる色素沈着も抑えられます。肌の土台も整って、紫外線予防にも繋がって一石二鳥。保湿は美白ケアに欠かせません!
対策2.日焼け止め

これは言うまでもなく、美白ケアにはUVケアは欠かせません!


先ほどお話した美白の敵のメラニンですが、4秒でも紫外線を浴びると、肌が「メラニンを作れ!」という指令が出すんだとか。日焼け止めは、一回に使用する量はケチらないで規定量を守ることが大事!さらに絶対に焼きたくないなら2~3時間に1回塗り直しましょう。
よくやりがちなUVケアとして、去年使って残っている日焼け止めを今年も使う、開封後半年を過ぎたものを使うのはNGです。劣化した日焼け止めが肌にダメージを与える恐れがあります!

■UVケアまとめ
・2~3時間に1回塗り直し
・半年以内に購入したものを使う
・規定量を使う

対策3.クレンジング・洗顔

クレンジングでメイク汚れを、洗顔で皮脂の汚れをしっかり落とさないと、くすみの原因になります。

さらに汚れをしっかり落とすだけではなく、潤いをキープすることも必要!オイルだと落ちる力が強すぎる可能性があるので、濃い化粧をそんなにしない場合は肌に必要な皮脂を残してくれる、クリームクレンジングがおすすめです。クレンジングはクリームかミルクのクレンジングを使うといいでしょう。
洗顔の際は指の力で汚れを落とすと摩擦で肌を痛めてしまうので、泡で洗いましょう!

対策4.食べ物

インナーケアで体内から美白を作っていきましょう。美白のための食べ物、飲み物といえば、「ビタミンC」です。ビタミンCはオレンジ、キウイ、グレープフルーツなど果物に含まれてることが多く、簡単に摂取することができますが、その反面、ほとんどが体に滞在せず排出されてしまうんです。そのため、サプリなどで摂るのも、一個の手段としておすすめですよ。

>>美白の食べ物・飲み物をもっと見たい方はこちら

対策5.質のいい睡眠をとろう!

睡眠不足になると、血液の循環が悪くなり顔色が悪くなり、特に目の下は皮膚が薄いので、それがクマとなります。顔色が悪いと美白を作るどころか、青白く不健康な印象に。。。

十分な睡眠を取ることで血液循環をスムーズにしてくれます。さらに睡眠時間中にお肌のターンオーバーは促されます。そのため「お肌のゴールデンタイム」とまで言われている夜の10時~2時は可能な限り寝ることが美白作りに繋がります。

美白になるには日々の積み重ねが大事♡

いかがでしたか?
「日焼け止めをこまめに塗る」とか「ゴールデンタイムにはなるべく寝る」とか、意外と地道な方法が多いですが、美白のケアにはこういう地道な努力が欠かせません。

美白化粧品を使ったからといって美白になる!みたいな魔法みたいなことは、現実なかなか起こりません。日々の積み重ねの努力があって、やっとその化粧品が力を発揮してくれるんです!
今回ご紹介したオススメの方法を参考にして、透き通るような美白を手に入れましょう♡

関連記事一覧