• HOME
  • メイク
  • 寝不足じゃないのに治らない目の下のクマ!原因と解消法を徹底解説♡今すぐ改善すべきこととは?

寝不足じゃないのに治らない目の下のクマ!原因と解消法を徹底解説♡今すぐ改善すべきこととは?

メイク

多くの女性を悩ませる、目の下の『クマ』。

たくさん寝ているのにクマが治らない

そもそもなにが原因で毎日目の下にクマができるんだろう?

こんなお悩みをお持ちではないでしょうか?「寝不足が原因」、というイメージが強いですが、実は寝不足以外にも原因は様々。自分の目の下のクマのタイプや種類、その原因を知り、対策やケアや改善をする必要があります。目の下のクマが解消されれば顔色や目元もパッと明るく魅力的に♪ぜひ参考にしてみてください♡

あなたはどっち?目の下クマの種類と見分け方

クマを根本から改善するには、まずご自分がどのクマの種類なのか?ということを知る必要があります。クマには大きく分けて「青グマ」と「茶グマ」という2つの種類があり、それぞれ原因が違うので対処法も異なります。

目尻か目の下を優しく横にひっぱってみてください。その時のクマの状態に当てはまるのはどれですか?

▼青グマの可能性
・皮膚と一緒にクマが動かない
・皮膚の下にある静脈の(青っぽい)色が見えている

▼茶グマの可能性
・皮膚と一緒にクマも引っ張られて動いている

自分がどちらのクマのタイプがわかったところで、読み進んでくださいね♡

青グマの原因と解消について

青グマの原因は血行不良!

青クマは、簡潔に言うと、目の周りが血行不良になっている状態です。目の周りの血液の巡りが悪くなると、毛細血管が目立つため、青グマに。つまりそもそもの原因は、血行不良なんです!

目の周りが血行不良になる原因として以下のことが挙げられます。

・睡眠不足
・運動不足
・長時間PCやスマホを見ることが多い
・冷え性
・ストレス

ストレス?!と思いますよね。人はストレスを感じると血管が拡張し、青黒くみえるんだそう。スマホもPCの見すぎは、ブルーライトが影響して、眼精疲労を起こしたり血流を悪くする原因に繋がります。

青グマの解消方法

青グマを治すには原因である目の周りの血行不良の解消が必要ってことです!原因の中に自分が当てはまる項目が明確にあれば逆のことをして解消するだけ。

・睡眠時間を確保
・運動やストレッチをする
・PCやスマホを見る時間を減らす
・入浴やホットアイマスクなどで目元を温める
・ストレス解消する!

いやいや、原因はわかってるし、できることもあるけど、PCは仕事で見る時間減らせないし、ストレス解消するなんて難しいよ!って方には青グマの場合はマッサージも効果的なのでおすすめ!

必ず、マッサージするときにはクリームですべりを良くしましょう。また、目元の血行不良が原因ですが、身体全体もマッサージしてあげるのも◎。化粧をする前や、化粧を落とすとき、半身浴などのタイミングがより効果的。

このタイプのクマの人は一日の終わりにはホットアイマスクで一日頑張った目を癒してあげましょう!

「茶グマ」の原因と解消方法

茶グマの原因は慢性色素沈着!

良く寝てるのにクマが治らないなぁ…という方は茶グマの可能性大!

クマの原因は慢性色素沈着です!といってもイメージしずらいかと思います。実はシミやソバカスもおなじ色素沈着。ではそもそも色素沈着が起こる原因は様々ですが、主に2つ。

・紫外線
・皮膚への摩擦

紫外線はわかるけど皮膚への摩擦?と思う方もいるかもしれませんが実は毎日のお化粧が肌への摩擦になっているんです…!結果、紫外線や摩擦から肌を守ろうとしてメラニン色素が生成され→色素沈着→クマの原因に。

茶グマの解消方法

え、茶グマの改善、なんだか難しそう・・・と思わなくてもちゃんと改善のために正しいケアをすれば大丈夫です!

対処1.紫外線対策をする
紫外線によるクマを防ぐには目元のUVケアが必要。日焼け止めを塗るのが一番ですが、まずはクマ対策としてUVケアができる化粧下地を取り入れてみるのがおすすめ!クマを徹底的になくしたいなら日中はサングラスがベスト!

対処2.クレンジングによる摩擦を軽減させる
落ちないクレンジングでごしごし化粧を落としていませんか?この毎日の蓄積がクマの原因に。これを機にクレンジングを見直してみましょう。

対処3.メイクによる摩擦を軽減させる
茶グマの場合は、クマを隠そうとするコンシーラー自体がクマの原因になっている悪循環を起こしてる可能性大。クマ根本を治すために控えるか、刺激を与えないようにカバーしましょう。また、美容液コンシーラーというクマを隠しながら目元ケアできるアイテムもあるのでおすすめです!気になる方はこちら

とにかく隠したい!クマ隠しメイク

クマが改善されるまで隠したい!という方におすすめのメイク方法。茶クマの方には、メイクによる摩擦を軽減することをおすすめしましたが、クマをうまく隠すためのメイク方法を知っていれば、化粧の厚塗り回避に繋がります。

ポイントは色の補正!

以前肌悩みに合わせた、コンシーラーの種類についてご紹介しましたが、まずは顔の肌色はもちろんクマに合ったコンシーラーを選ぶことがマスト。その次に大事になってくるのが色選びです。この色選びを失敗すると、クマが浮いてみえてしまったり厚塗りすることに。

▼クマのタイプに合ったコンシーラー
・青グマの方はオレンジ系
・茶グマの方はイエロー系・ベージュ系

隠しながらもケアしたい方へ

そうはいっても隠し続けるのはつらい・・・、解消法を試してもクマがなかなか消えてくれない、など苦戦している方は、クマに特化した目元の美容液に頼ってみるのも一つの手です。目元を美容液でケアすることは今悩んでいるクマの対策だけでなく、これから悩むであろう目元のアンチエイジングケアにもつながるのでおすすめですよ♡

>>もっと詳しい記事はこちら

>>おすすめの目元美容液はこちら

目の下・目元から顔全体印象を明るくしよう♡

いかがでしたか?今回はクマにお悩みの方へ、自分のクマのタイプ、その原因と対処法をご紹介しました!自分のことを知り、それに合ったケアがなによりも大事です♡ぜひ、試してみてくださいね!

 

関連記事一覧