• HOME
  • 美容
  • どんなケアが必要なの?寝不足や疲れだけが原因じゃない!目の下のクマの原因と対策、改善方法まですべてお伝えします。

どんなケアが必要なの?寝不足や疲れだけが原因じゃない!目の下のクマの原因と対策、改善方法まですべてお伝えします。

美容

朝起きて、鏡の中の自分の顔にびっくり。昨日はしっかり寝たはずなのに、目の下にはクマが・・・!

皆さんは、こんな経験ありますか?
もちろん寝不足や疲れからクマができてしまう場合もありますが、それだけではなく目の下のクマには実は様々な種類と原因があります。

寝不足、疲れ、色素沈着、しわや脂肪のたるみ、または病気が潜んでいる場合も。
これだけの原因があれば、改善策や解消法も様々。
今回はすぐにできる解消法や、マッサージケア、
ファンデーションやコンシーラーなどの化粧品を使用した目の下のクマの消し方をお伝えします!
エステに行く時間がなくても、今日から誰でもすぐに始められます。もちろん男性も必見です!

目の下のクマの種類とそれぞれの原因・対策

クマの種類と原因 名前は同じクマでも、実は3つの種類に分けられます。

目の下のクマを目尻方向に優しく引っ張ってみてください。

クマが動かず、皮膚のみが引っ張られた人は青グマタイプ
皮膚と一緒にクマも引っ張られた人は茶グマタイプ
引っ張るとクマが消えてしまった人は黒グマタイプです。

自分のクマのタイプはどれに当てはまりましたか?
クマの種類や原因によって対策法や改善法が違いますので、しっかりチェックしておきましょう。

自分のクマのタイプをより知りたい方はこちらの記事もどうぞ!↓↓↓

あなたは何”クマ”?デリケートな目元に今すぐ使えるスキンケア術と、年代別アイクリームの選び方教えます

それぞれのクマへの対策・改善法

青クマ

血行不良が主な原因で皮膚の血管が透けて見えることで起こる青グマ。
血行不良の改善には何よりも血流を良くすることが大切です。
普段、冷たい飲み物ばかり飲んでいませんか?
白湯や温かいお茶など、なるべく温かい飲み物を飲むようにし、生野菜よりも温野菜と、食べ物もなるべく温かいものを摂るようにしましょう。

また、血流を良くするには運動も効果的。
すぐに運動が行えない人は、湯船に浸かるだけでも血流の改善に繋がります。

冬場には足元が冷えてしまわないよう、靴下の着用を。
冷えてしまった場合には、洗面器などで手軽にできる足湯がおすすめです。

茶クマ

しみやくすみによる色素沈着が原因で起こる茶グマ。
しみやくすみの改善はなかなか難しいと言われていますので、セルフケアでしっかりと予防することが大切です。
クレンジングや洗顔をする際、顔をゴシゴシ擦っていませんか?
メイクや油汚れはクレンジングや洗顔で充分落ちるように考慮されています。
力の入れ過ぎは顔のくすみやシワに繋がります。ぜひ意識してみてください。

また内側からのケアとして、ビタミンCの摂取がおすすめ。
ビタミンCは人間の体内で作ることができない上に体内に貯めることができない栄養素のため、積極的に食品から補給する必要があります。

野菜では、ブロッコリー、ピーマン、キャベツ、ゴーヤなどがビタミン豊富な食材です。
また、フルーツではキウイフルーツ、いちごなどが挙げられます。
外側からのケアとしては美白成分を含む化粧品を使うことも予防や改善への一歩です。

黒クマ

皮膚のたるみや、脂肪によるむくみによって起こる黒クマ。
皮膚の色自体が変わっているわけではなく、たるみやむくみによって重なり合う肌が影となって現れた状態です。
加齢による肌の弾力不足、筋肉の減少、目元の疲れが原因で起こります。

皮膚のたるみによって影ができてしまっている場合は、目元周りの筋肉を動かすことで改善につながります。
目をぎゅっと5秒間閉じ、その後パッと見開く。この運動を数セット行うことで弱った筋肉が動きやすくなります。
気付いた時に簡単にできる運動です。ぜひ行ってみてください。

また、顔や目元のむくみからくる場合は、むくみを予防することが大切。
むくみとは、体内に水分が必要以上に溜まってしまい、排出されない状態を言います。
血流が悪くなることで起こるため、できる限り温かい食べ物や飲み物を摂るようにしましょう。

これだけでも違いますが、さらにむくみを改善する食べ物を摂るのも効果的です。
特にカリウムはむくみを排出するのに効果的な成分。
カリウムが豊富なほうれん草やカボチャ、サツマイモなどのイモ類、トマト、納豆などを積極的に摂りましょう。

3分でできる解消マッサージ

顔のたるみやむくみにも効果的!誰でも簡単にできるクマ解消マッサージをお伝えします
肌を傷つけないよう、マッサージオイルなどをつけて行うのがおすすめです。

  1. 耳周りのリンパを流す耳周りをチョキの手で挟み込むようにして、くるくる回します。
    ゆっくりと、呼吸に合わせて行いましょう。右回し左回し、それぞれ10回ずつ20回行います。
    耳周りがポカポカしてきたら準備完了です。
  2. 耳下から首→鎖骨へリンパを流す首には太いリンパが流れています。
    手のひら全体を使って老廃物を流し込むように耳の下から鎖骨に向かってなで下ろします。
    鎖骨にきたら、骨のくぼみの部分をぐーっと押しながら5秒間。
    ゆっくりと呼吸をしながら左右5回ずつ行いましょう。
  3. 眉下のツボを刺激します。
    親指の腹を使って眉下(眉骨)部分を眉頭から眉尻に向かって点で押します。
    痛気持ちいいくらいの強さがおすすめ。
    ポイントは点で押すこと。決して擦らないように注意してください。
  4. 目の下のツボを刺激人差し指、中指、薬指の3本を使って目の下を目頭から目尻に向かって点で押します。
    こちらもポイントは点で押すこと。決して擦らないようにしましょう。
  5. 頭皮マッサージ耳の上あたりから後頭部に向かって指の腹を使って流します。これを左右5回行います。
    クマの解消には顔全体や首回り、頭皮の状態も関係するため、広い範囲でのマッサージが効果的。
    マッサージのあとは目元パックなどでしっかりと保湿をしましょう。

予防と改善 クマ対策におすすめの目元化粧品

予防と改善アイクリーム編

アイプリン

青クマ・茶クマに悩む人へ、シミやくすみ・色素沈着の原因となる活性酸素を無害化してくれる成分”フラーレン”を配合。
目元のクマをナチュラルにカバーしながら美容効果も期待できます。
また、ビタミンCの6000倍の抗酸化作用が期待できるアスタキサンチンを配合。
強力な紫外線から目元を守ります。
アイクリームは敷居が高くて始められなかった人も、コンシーラータイプのアイクリームならお手軽に始められそう!

アイプリンレビュー記事はこちら

アイキララ

乾燥による茶クマや目元のハリ不足による黒クマに悩む人へハリや弾力が低下してきた目元におすすめのアイクリーム。
皮膚痩せに着目し、コラーゲンのサポートと肌にハリを与えるビタミンC誘導体の一種”MGA”を配合。
コラーゲンは塗るだけではなく自ら作り出すことが重要。
その産生に着目したアイクリームです。

アイキララ公式サイト

ベリタス

たるみが原因の黒くまに悩む人へ、
乾燥による小ジワに”水溶性ビタミンA”、
あらゆるクマに”アセチルテトラペプチド”、
たるみに”初乳”と、それぞれにしっかりとアプローチできる成分を配合。

目元のあらゆるお悩みがこれ1つでケア出来るアイクリーム。
抗シワ効能評価試験済みで、目の下のクマだけではなく、ほうれい線や口角回りのケアにも。

こっくりしたクリームタイプですが肌なじみが良いため、夜だけではなくメイク前のケアにもおすすめです。

ベリタス セイクレッドビューティアイクリーム公式サイトはこちら

メイクでカバーファンデーション編

マーシュ・フィールド

SCクリームファンデ濃いシミ、あざ、傷跡、タトゥーなどをカバーするカバー用化粧品メーカーの顔用ファンデーション。
ファンデとして顔全体にも、コンシーラーとしてスポットの悩みにも、1つで2役をまかないます。
肌色のファンデ(SCクリームファンデN)だけでカバーできないお悩みにはコントロールカラー(SCクリームファンデI)使用することでカバー力アップ。
頑固なクマやシミ、あざなどのカバーにおすすめです。
汗や水に強いウォータープルーフ処方、さらに皮脂にも強いため、つけたての仕上がりを長時間キープできます。
頼れるカバー力で、落ちにくく、女性にも男性にもおすすめです!

マッシュ・フィールド公式サイト

コンシーラー編

エレガンス ドットコンシーラー

細めのスティックタイプのコンシーラー。
カバーしたい部分にスティックで直接、ポンポンとつけて軽くなじませるだけ。
手間いらずなので、メイクが苦手な方、コンシーラー初心者にもおすすめです。
また、持ち運びしやすいのでポーチにしのばせてメイク直しにも。
クマだけではなく、シミやくすみ、その他の部分カバーにも使いやすいです。

エレガンス ドットコンシーラー公式サイト

NARS ラディアントクリーミーコンシーラー

なめらかな液体タイプのコンシーラー。
アプリケーターで量を調整できるため、重ね付けも自由自在。
独自のパウダーを配合し、ただ隠すというよりも光学的に補正することに着目。
肌にうるおいを与えながらカバーできるので、乾燥しやすい方、乾燥によるシワができやすい方にもおすすめです。
また、全11色と色の展開が多いため、自分に合った色を探すことができます。
青クマが気になる方はピンク系やオレンジ系のコンシーラーがおすすめ。

NARS ラディアントクリーミーコンシーラー公式サイト

目の下のクマには、実は病気が隠れている可能性も・・・

青クマ、茶クマ、黒クマ。
それぞれのクマについてお伝えしてきましたが、中には内臓疾患からくるクマや、青クマとまちがえやすい青アザもあります。
ストレスや疲れ、食生活の偏りにより肝臓や腎臓が疲れてくると、血行が滞りクマが現れる場合も。
肝機能や腎機能の著しい低下により老廃物が排出できなくなり、血液がドロドロになることが原因です。
急にクマが目立つようになった、また体が浮腫みやすくなった、その他心配な症状がある場合は病院へ。

まとめ

今回は、クマの原因と改善方法、カバーメイクで解消するためのおすすめアイテムをご紹介しました。

今使っているスキンケア用品やメイク用品と合わせてお使いいただけるものばかりなので、
お悩みに合わせてぜひチェックしてみてくださいね!

関連記事一覧