• HOME
  • スキンケア , 美容
  • クリームクレンジングのタイプ別紹介!【ふき取る、洗い流す、ダブル洗顔不要】 選び方のポイント・使用するときのコツ

クリームクレンジングのタイプ別紹介!【ふき取る、洗い流す、ダブル洗顔不要】 選び方のポイント・使用するときのコツ

スキンケア

10月に入るとぐっと気温が下がり、秋の色味が深まってきます。

それに伴い、空気が乾燥して、夏の肌ダメージが表へ出てきやすいのも秋以降です。

今回ご紹介するのはクリームタイプのクレンジングのタイプ別の解説です。

クリームタイプのクレンジングは、通常のオイルタイプのものより肌への負担が少なく、
乾燥肌で通常のクレンジングだと強いと感じている人、
敏感肌で肌に優しいケアをしたい人、
またはこれからの秋冬の季節に
肌をしっとり保湿したい人
におすすめです。

クレンジングクリームとは

クレンジングクリームとは、クレンジングオイル・クレンジングジェル・クレンジングミルクに並ぶクレンジング剤の一つ。
成分は、油性成分と界面活性剤が適切なバランスで配合されているため、しっりとした洗い上がりになります
見た目は、クリーム状のこっくりとしたテクスチャーです。
洗浄力はクレンジングオイルよりも強すぎないので、ナチュラルメイクのクレンジングにおすすめです。

選び方やポイント

クレンジングクリームは他のクレンジング剤と比べて保湿性があるので、乾燥肌や肌ダメージが気になる方にお勧めです。

洗い流すタイプと拭き取りタイプの2種類

クレンジングクリームには、洗い流すタイプと拭き取りタイプの2種類がありますので、
ライフスタイルやあなたのお肌の性質に合わせて選びたいところです。
また、クレンジングクリームによっては洗い流した後にダブル洗顔が必要なものもあるので、あなたの目的に合致しているか、しっかり確かめてから購入しましょう。

さらに、クリームタイプのクレンジングはもともと保湿成分が含まれているものが多いので、更にそのほかにどんな効果が欲しいかを考えて選ぶと肌により良い効果が期待できます。

また、洗い流すタイプのクレンジングクリームは、クレンジング後にツッパリや乾燥を感じない質感のものを選ぶのがおススメです。

種類やタイプは?あなたの肌質に合わせて選ぶのがコツ!

ふき取るタイプ

敏感肌の方におすすめなのが、拭き取りタイプです。
洗い流すタイプに比べて界面活性剤が含まれる量が少ないので、
肌への負担が少なめ。
化学薬品にアレルギーがある人にも向いています。

肌にクレンジングクリームを馴染ませた後、
ティッシュやコットンでオフする際にゴシゴシ擦りすぎてしまうと、
肌に負担がかかってしまうので、
油分を吸い取るような感覚で優しくメイクを落とすようにするのがコツです。

洗い流すタイプ(ウォッシャブルタイプ)

「洗い流すタイプ」のは、「ふき取るタイプ」だと、
ちゃんとメイク落としできたか不安!拭き取った後がベタベタするが苦手!
という方におすすめのクレンジングクリームです。

洗い流すときのポイントは、表面に塗られたクリームと、内側に染み込んでいるクリームを
2回に分けて洗い流すことです。

「ふき取るタイプ」と比べて、
使用方法が簡単なので、ゆっくりクレンジングする時間がない方にもおすすめですが
、「ふき取るタイプ」より「洗い流すタイプ」の方が乾燥しやすいので
乾燥肌・敏感肌の方は注意してください。

ダブル洗顔不要タイプ

「ダブル洗顔不要タイプ」は、クレンジングやスキンケアにかける時間が少ない忙しい方におすすめなのが、
のクレンジングクリームです。

なぜクレンジング後の洗顔が必要ないかというと、
肌に馴染ませている時にクレンジングクリームの油分がメイクを浮かせてオフし、
洗い流す時に水を加えることで乳化されてミルク状の洗顔フォームへと変わるからです。

また、「洗い流すタイプ」のクレンジングと比べると1回の洗い流しでいいので、
必要なお肌の皮脂をオフしすぎてしまうこともなく、「洗い流すタイプ」より
洗い上がりが乾燥しにくいといえます。

正しい使い方

(1)量をたっぷり手に取る

クレンジングクリームを使用する際には、
肌との摩擦が起こらないよう、クリームの量をたっぷりと手に取ることもポイントです。

(2)手のひらでクリームをしっかり温める

クレンジングクリームが冷えていると肌やメイクとの馴染みが悪く、クレンジング力が下がってしまうので、
顔に馴染ませる前に手のひらでクリームを温めることがポイントです。

(3)皮脂分泌の多い箇所からなじませる

Tゾーン

クレンジングクリームに限らずですが、まずは皮脂分泌の多いTゾーンからなじませます。
皮脂の分泌量が多い場所は、メイクと皮脂が混ざり合って毛穴詰まりや毛穴の黒ずみが起こりやすい部分なので、
一番先にメイクオフをすると効果的に汚れが落とせます。

Uゾーン(頬・フェイスライン)

Tゾーンの次はUゾーン(頬・フェイスライン)になじませ、顔全体にクレンジングクリームが行き渡らせます。
小鼻の周りは落としにくい上に角栓が詰まりやすいため、中指や薬指の指の腹で丁寧になじませます。

(4)オイル化させる

クレンジングクリームは指でくるくるとなじませると、オイル化していきます。
クリームの色が白から透明になるまでやさしくしっかりメイクを浮かせます。
オイル化した状態では、油性のメイクは落ちやすくなりますが、水では洗い流しにくい状態です。
そのため、オイル化したクリームを洗い流しやすくすすために、乳化を行う必要があります。

(5)乳化を行って洗い流す

手の平に少量の水かお湯を足し、その後顔を手のひらで包んで、水分をなじませて乳化させます。
少量ずつ水分をなじませるのがポイントです。

この乳化の工程を行うことで、水で洗い流しやすくなり、メイクや皮脂などの油性の汚れが肌や毛穴に残りにくくなる効果があります。

「ふき取るタイプ」の場合

拭き取りタイプなら、「蒸しタオル」を使ったクレンジングがおすすめです。
蒸しタオルの熱が、毛穴を開かせるので、黒ずみや角栓のケアに効果的です。

具体的な手順

(1)拭き取りタイプのクレンジングクリームを顔全体に塗り、馴染ませる
(2)クレンジングクリームが馴染んだら、コットンで軽く拭き取る
(3)蒸しタオルを軽く押さえるように当て、1分程度待つ
(4)1分たったら、蒸しタオルで軽くクレンジングクリームを拭き取る

使用時の注意事項

ふき取るタイプの場合

「ふき取るタイプ」のものはふき取る際に肌への摩擦を少なくするために擦りすぎないようすることが大切です。

洗い流すタイプ(ウォッシャブルタイプ)の場合

「洗い流すタイプ」のものは油分を残さないように、冷たい水よりもぬるま湯を使用して洗い流すことがポイントです。

また、洗い流しの時間が長かったり、回数が多いほど、毛穴の汚れだけでなく、肌の潤いを守るために必要な皮脂まで奪ってしまうため、注意が必要です。

ウォータープルーフマスカラや日焼け止めを使用している場合

ウォータープルーフマスカラや日焼け止めを使用している場合は、専用のリムーバーを使用しないとクレンジングクリームでは落とせないことがあるので注意が必要です。

しっかりメイクで使用する場合

洗浄力はクレンジングオイルよりも弱めなので、しっかりメイクで使用する場合は、メイクや毛穴よごれが落ち切らないこともあるかもしれません。

まつエク(まつげエクステ)をしている場合

油性成分をベースにしていてオイルフリーではないので、まつエク(まつげエクステ)をしている方には向いていません。
(接着剤であるグルーがオイルにより剥がれてしまいます。)

クレンジングクリームのおすすめ25選!

さて、ここからはいよいよ美容プロの口コミで好評な市販の人気アイテム&使い方をご紹介!
市販されているプチプラのものからデパコス系、または成分にこだわっているオーガニック系など様々揃えました!
(写真はすべて公式サイトからお借りしています)

ポンズ ふきとるコールドクリーム

・つき華 クレンジングクリーム

・ゲラン クレンジング クリーム

イグニス ブラン クレンジング クリーム

・クレ・ド・ポー ボーテ クレームデマキアント

・エリクシール シュペリエル メーククレンジングクリーム

・KOSE グランデーヌ ルクサージュ クレンジングクリーム

・ポーラ B.A クレンジングクリーム

・コスメデコルテ AQ ミリオリティ リペア クレンジングクリーム

・ビオレ こくリッチメイクオフクリーム

・プレディア スパ・エ・メール ファンゴ W クレンズ

・ハウスオブローゼ ミルキュア ピュア クレンジングクリーム

ポンズ クリアフェイス クリームクレンジング

・ウテナ モイスチャー コールドクリーム

・無印良品 マイルドクリームクレンジング

・エビータ ボタニバイタル クレンジングクリーム

アンブリオリス・ジャパン アンブリオリス モイスチャークリーム

 

・イプサ クレンジング クリーム EX

・シェルクルール ベーシッククリーム クレンジング

・なめらか本舗 メイク落としクリーム NA

・ポンズ エイジビューティー クリームクレンジング

・ソフティモ ホワイト コールドクリーム

・ちふれ ウォッシャブル コールド クリーム

・エンビロン クレンジングクリーム

・ドクターシーラボ エンリッチリフト クレンジングクリームEX

まとめ

今回はクレンジングクリームの特徴や選び方のポイント、効果が出る使用方法についてお伝えしました。
あなたに合うクレンジングタイプやクレンジングクリームはわかりましたか?
お肌のケアには、クレンジングに何を選ぶかが非常に大切です!
季節やお肌の調子に合わせて、あなたに最適なクレンジングをぜひ見つけてくださいね!

関連記事一覧