• HOME
  • スキンケア , 美容
  • あなたは何”クマ”?デリケートな目元に今すぐ使えるスキンケア術と、年代別アイクリームの選び方教えます

あなたは何”クマ”?デリケートな目元に今すぐ使えるスキンケア術と、年代別アイクリームの選び方教えます

スキンケア
メイクをするようになった大人なら、誰もが抱える悩みではないでしょうか。
そう、目元の”くま”。世間一般の肌悩みランキングでもトップ5前後には必ず入っている強敵です。
私自身、長年美容に携わっていたため、世間の生の声を聞く機会が非常に多かったのですが、”くま”は実に多くの現代人が抱える悩みです。
しかし、化粧水・乳液・クリームは付けるのにアイクリームは使わないという人が多く、他のスキンケアに比べてアイケアが意外にも軽視され、アイクリームユーザーが少ないのも事実。
ファンデーションやコンシーラーでくまをひた隠しにしながらも肝心なスキンケアは抜けていたりするんですよね。
アイクリームって使ったほうがいいの?くまに効果あるの?
と、まだアイケアをそこまで重要視できていない方もいると思うので、原因から対策までしっかりお伝えしていこうと思います。
これを読んで、ぜひとも今日からアイクリームユーザー!くまとさよならへの第一歩です。

3大くまって知っていますか?

あなたのくまはどれ?まずは自分のタイプを知ろう!

ひとえにくまと言っても実は原因別にタイプがあります。
まずは自分の肌状態を観察して、どのタイプに当てはまるのかを知ることが大切です。

以下に、すぐできるチェック項目を用意しました。

チェック方法

目尻の皮膚をこめかみ方向に軽く引っぱりましょう

  • くまが動かない人

「青くま」タイプ

  • くまが動く人

→「茶くま」タイプ

  • くまが消える人

→「黒くま」タイプ

基本的にくまはこの3つのタイプに分かれます。
あなたのくまはどれに当てはまりましたか?
タイプを把握した上で、その原因と改善方法を紐解いていきましょう。

「くま」ってどうしてできるの?

それぞれのくまのできる原因と対策

スキンケアで効果的な対策をするためには原因を知ることが大切です。
原因を知った上で対策まで一気に見ていきましょう!

「青グマ」タイプは血行不良が主な原因!

まず「青グマ」タイプの人は、血行不良が主な原因。
寝不足や疲れが溜まり、血流が悪くなることで血液が滞っている状態。
皮膚の下の血液が透けて見えることでくまが現れます。

対策のポイントは、血行を良くすること。
フェイスタオルを濡らして600Wの電子レンジで40秒ほど温めてから目の周りに乗せ血流を促します。
こうして目の周りを程よく温めたり、血行を良くする食べ物を摂り入れて。
お手軽なおやつとして血管の老化を防ぎ血流を良くするビタミンEが豊富なナッツ類を常備しておくのもおすすめです。

「茶くま」タイプは色素沈着が原因。

次に「茶くま」タイプの人は、色素沈着が原因。
色素沈着と言っても原因は様々ですが、主に紫外線によるもの、またクレンジングやスキンケア、メイクの際の肌への摩擦が積み重なって起こることが多いです。

摩擦が起こることで肌が擦れ、乾燥が起こるため、まずは保湿をしっかり行うことです。
保湿をした上で、ビタミンCの入ったアイクリームを使用し肌のターンオーバーを促しましょう。

食べ物からのビタミン摂取もおすすめです。

また、スキンケアは予防が大切。
基本的な紫外線対策を心がけましょう。
紫外線は4秒浴びるだけでメラニンを作る指令が脳内で発生します。
特に皮膚の薄い目元は非常にデリケート。
日焼け止めに加え、帽子や日傘を使用し、紫外線から肌を守ることを意識するだけで数年後に差が出てきます。

「黒くま」タイプは、目の下の皮膚がたるんでできた影がくまに見えている状態。

そして「黒くま」の人は、目の下の皮膚がたるむことでそれが影になり、その影がくまとして見えている状態。

主な原因としては、加齢による肌のシワやたるみの増加。
これらは目元の筋肉が弱くなることで起こります。

目周りの筋肉を動かすことで予防しましょう。
5秒間目をギュッと閉じたあと、5秒間パッと開いてキープ。
疲れない程度に何セットか行いましょう。
スキンケアの際に簡単にできる運動なので是非取り入れてみてください。

やっぱりアイクリームって必要なの?

アイケアの重要性

ここまで、くまの原因とすぐに始められる対策をお伝えしましたが、それらを踏まえた上で是非使ってほしいのが、アイクリーム。
スキンケアの中では縁の下の力持ち的存在ではありますが、その底力は凄いのです。

まず、目元というのは顔のパーツの中でも皮脂腺が少ない部分。
テカリの代表格である額・鼻に比べて油分の出にくい部分ですね。
皮脂腺が少ないということはつまり、乾燥しやすいということ。
乾燥はしわやくすみの原因にもなりますよね。
だからこそ、人工的に油分を補う必要があります。

そして、目元の皮膚はとても薄くデリケート。
ラップ1枚程の薄さといわれる頰の皮膚と比べてもさらに薄い部分のため、肌の保護をしっかりとすることで外的刺激から肌を守りましょう。

また、アイクリームには凝縮した美容成分がたっぷり入っています。
自分のくまのタイプとアイクリームの効果を見極めて使うことで目元悩みの改善が期待できます。

アイケアのポイント
  • 目元に皮脂を補う
  • 外的刺激から守るアイクリームの効能別に
  • 目元の悩みに効果的かつ効率的にアプローチする

アイクリームの効果的な使い方

スキンケア効果をアップさせる方法と注意点

このあたりで本格的にアイクリームの必要性を感じてきた方も多いはず。
仕上げにアイクリームの効果的な使用法をお伝えします!

  1. まず、化粧水また乳液や美容液で肌に水分をプラスし角質層にしっかりと水分を行き渡らせます。
    ※水分の行き届いた肌に蓋をするようにアイクリームを使うことで、凝縮した美容成分を効率的に肌に届けることができます。
  2. 付け方のポイントは、力を入れずに優しく行うこと。
    ※先程お伝えしたように目元の皮膚はとても薄くデリケートな部分のため、力の入りにくい薬指などで付けるのがおすすめです。
  3. 指に取ったアイクリームを軽く人肌に温めます。
  4. 温めたら目の下広めの範囲に点置き。そのまま優しく伸ばしていきます。
    ※この時決して擦るような動作は入れないこと。

スキンケアは深呼吸をしながらリラックスした状態で、穏やかな気持ちで行うことが大切です。

【まとめ】アイクリームの効果的な使用法
  • 化粧水や乳液で肌に水分を浸透させた後に使用する
  • アイクリームは人肌に温めて目の下に点置き。優しく伸ばしていく

スキンケア後が効果的、目元マッサージ

簡単なステップで目元の印象をアップ

アイクリームをつける際、ぜひ行ってほしい目元のマッサージ。
マッサージを取り入れることで、血行を促し、明るい目元に!
また、目が大きく見えるようになった、なんて声も。
ここではセルフケアで簡単にできるおすすめのマッサージをお伝えします。

指で温めたアイクリームを目周りに伸ばしたら、始めましょう。

  • STEP1 目周りのツボをプッシュ目頭→眉頭→眉中央→眉尻→こめかみの順でゆっくりと押し流す。
  • STEP2 下まぶたを刺激涙袋の周辺を、目頭からスタートしこめかみまで半円を描くように細かくトントンと刺激。これを4〜5往復行う。
  • STEP3 目の下のしわを伸ばす同じく涙袋の周辺を、指先を使って軽くつまむ。
  • STEP4 眉周辺を刺激眉頭と鼻骨の間にあるくぼみの部分を下から押し上げる。
    そのまま眉骨に沿ってこめかみのほうまで親指でゆっくりとプッシュ。
  • STEP5 下まぶたを温める人差し指・中指・薬指の指先を使って下まぶたをゆっくり押しながら温める。
    目元周りには眼精疲労に効くツボも集中しています。
    アイクリーム後にリラックスしながら行いましょう。
    マッサージとはいえ、前述したように目元の皮膚はとても薄くデリケート。擦らないように行うのがポイントです。

年代別代表的な肌悩みとおすすめアイクリーム3選

くまの原因と対策、スキンケア法を知った上で、年代別・肌悩み別に人気のアイクリームをご紹介します。

20代におすすめのアイクリームは?

マスカラやアイシャドウを濃く入れたり、まつげエクステなどでの目元への負担が多い20代。
たるみが気になる程ではないけど、血行不良による青グマや、色素沈着による茶グマが気になる人も。

そんな20代におすすめのアイクリームはこちら↓↓↓

アイプリン
目元用の美容液コンシーラー。

活性酸素を無害化してくれるという成分フラーレン配合で、目元のくまをナチュラルにカバーしながら美容効果も期待できる優れもの。
また、ビタミンCの6000倍の抗酸化作用が期待できるアスタキサンチンを配合し、目元の紫外線ダメージを極限まで抑えることができます。
無添加なので、敏感肌の人にもおすすめ。
メイクついでにスキンケアができるなんて一石二鳥ですね!

アイプリンについてもっと知りたい方はこちら

30代におすすめのアイクリームは?

肌のお悩みワードには”乾燥”が必ずランクインしてくる30代。
目元のくまに加えて乾燥による小ジワも気になり出す頃。
乾燥からくる茶くまや目元ののハリ不足による黒くまができやすい人も。

そんな30代におすすめのアイクリームはこちら↓↓↓

アイキララ
皮膚痩せに着目したアイクリーム。

コラーゲンをサポートし、ハリを与えるMGAというビタミンC誘導体の一種である成分を配合。塗るだけでは増えないコラーゲンの産生を促進。
自ら増えたコラーゲンにより、目元のハリ感アップが期待できます。

アイキララ公式サイト

40代におすすめのアイクリームは?

乾燥とは長い付き合いになりつつあり、それに加えてシワやたるみも増えてきた、重力との戦いの40代。
たるみが原因の黒くまもできやすい時期。

そんな40代におすすめのアイクリームはこちら↓↓↓

ベリタス セイクレッドビューティアイクリーム
デンマークの天才ドクターが開発した目元のシワ、くま、たるみもこれ一つでケアができるアイクリーム。

 

抗シワ効能評価試験済み。目元の乾燥による小ジワを目立たなくする成分を配合。
目元だけではなく、ほうれい線や口角周りのケアにもおすすめ。
ありとあらゆる目元悩みに効果的にアプローチできるアイクリームは、目元をふっくら若々しく見せたい方におすすめです。

ベリタス セイクレッドビューティアイクリーム公式サイトはこちら

まとめ

今回は肌悩みランキング上位の”くま”対策と、年代別におすすめのアイクリームをご紹介しました。

くまやくすみに悩みながらもまだ始めていないという方、未来の自分のためにもアイケアは早めのスタートがおすすめです!

ぜひ自分に合ったアイクリームを探してみてくださいね。

関連記事一覧