• HOME
  • スキンケア , 美容
  • 本当に知ってる?愛され肌になるためのオイルクレンジングの正しい使い方と人気商品の徹底比較!!

本当に知ってる?愛され肌になるためのオイルクレンジングの正しい使い方と人気商品の徹底比較!!

スキンケア

メイクを落す際に欠かせない、クレンジング。
販売されている商品数も多いのでどのクレンジングを選ぶか迷ってしまうことも多いかと思います。

そんなクレンジング選びの際のポイントを徹底解剖します!
購入時に参考になるような、クレンジングオイルに含まれている主な成分や、メイクの濃さによっての使い分け、使用後の洗顔の有無まで幅広くご紹介します。

そもそもクレンジングオイルって何?

クレンジングオイルとは、メイクを落とすための化粧品用オイルのことです。
通常の洗顔では落としきれない濃いメイクもオイルの力で浮かせて落とすことができ、毛穴の中の汚れも落とせます。

クレンジングの種類・タイプ

クレンジングオイルの種類は多岐に渡り、、オイル・ジェル・クリーム・ミルクなどと様々な種類があり
ます。今回はその中でも「オイルクレンジング」について詳しくご紹介します。

オイルクレンジング

クレンジングの中でも比較的に洗浄力が高く、濃いメイクでもしっかり落としてくれます。

洗浄力が比較的に強めなので、しっかりメイクをされる方、オイリー肌の方などに特におすすめです。

乾燥肌や敏感肌の方には少し刺激が強い場合もあるので、自分の肌に合ったものを選ぶことが大切です。

クレンジングオイルの選び方

成分・種類で選ぶ

クレンジングオイルは、大きく「鉱物油系オイル」「エステル系オイル」「油脂系オイル」の3種類に分けられます。
大抵の場合、成分表示の最初にどのオイルが配合されているかによって種類の判断ができます。

それぞれメリットとデメリットがありますので、違いを知って、自分に合うものを選びましょう。

鉱物油系オイル

濃いメイクも落とせる!

・油性の性質が強いため、小鼻のキワなどのメイクの汚れや角栓を落としやすい
・普段からウォータープルーフタイプのアイメイクをする人向き
・比較的安く手に入りやすい

  • 【使用時の注意点】

・鉱物油の種類によってはお湯で洗い流しにくいものもあるので、その場合にはクレンジング後の洗顔がおすすめ
・顔の皮脂を奪いやすくなるため、乾燥肌の人は注意

  • 【代表的な鉱物油系オイル】

・ミネラルオイル
・イソヘキサデカン
・水添ポリイソブテン
・スクワラン

エステル系オイル

W洗顔不要タイプが多く時短できる!

鉱物油系オイルには劣りますが、比較的強い洗浄力を持つのがエステル系オイル。
酸化しにくく、肌なじみが良いのが特徴です。W洗顔不要で使えるものもあり、使い勝手の良さもメリットと言えるでしょう。

鉱物油系オイルほど脱脂力は高くありませんが、それなりの脱脂力があるため、肌の皮脂を奪いやすい傾向に。洗顔後はたっぷりと保湿することを心がけましょう。

  • 【代表的なエステル系オイル】

・エチルヘキサン酸セチル
・パルミチン酸イソプロピル
・パルミチン酸エチルヘキシル
・ミリスチン酸イソプロピル
・トリエチルヘキサノイン

油脂系オイル

肌への負担が少なく肌にやさしい

・油脂とはオリーブ油や馬油といった動植物性の油のことで、人の皮脂とも組成が近く、お肌となじみの良い成分です。
・他のオイルクレンジングと比べて価格が高め

また油脂の場合、洗い流した後に肌に残ってしまったとしても、皮脂同様の保湿成分として働くので、肌の乾燥を防いでくれます。
そのため、敏感肌や乾燥肌の方でも安心して使えるオイルといえるでしょう。

  • 【代表的な油脂系オイル】

・オリーブ油
・ヒマワリ種子油
・メドウフォーム油
・マカダミアナッツ油
・トウモロコシ胚芽油
・コメヌカ油
・アボガド油

その他の選ぶときのポイント

敏感肌の場合

敏感肌はバリア機能が低下して、外部刺激をうけやすくなっているため、クレンジングオイルを選ぶ際には刺激となりやすい成分は避けたいところ。
ただ、「無添加」や「オーガニック」表記には注意が必要。というのも、「無添加」や「オーガニック」の表記は全ての添加物を排除していなくても名乗れてしまうからです。

特定の成分(香料や着色料)が、1つでも入っていなければ無添加と表記できます。
そのため、無添加表記のクレンジングオイルでも、肌に合わないものや、肌質によって刺激に感じる可能性がある成分が配合されていることがあるのです。

同様に、最近は「肌に優しいから」「コスパがよいから」と手作りのスキンケア商品が流行していますが、たとえば自然から採れたものをそのまま使う方が肌に刺激になる場合もあり、一概に「手作り」だからといっていいとも限りません。

無添加だから、オーガニックだから、手作りだから、という選び方をするのではなく、何が無添加なのかを見極めて選ぶのがポイントです。

  • 【敏感肌が避けたい添加物】

・アルコール (エタノール)
・合成香料
・合成着色料
・防腐剤 (安息香酸、パラベン類)※

※パラベン類が一概に刺激があるということではありません。メーカーによっては安全性を考慮し、各アイテムに厳しい配合基準を設定しています。
配合量や抗菌性の高いパラベンの場合、まれに人によって刺激に感じる可能性があるので注意が必要です。

時短したい場合(W洗顔不要タイプ)

クレンジングオイルの中には、一つでクレンジングから洗顔まで完了させられる、W洗顔不要なものが多くみられます。
W洗顔不要タイプは、時短を叶えたい方はもちろん、節約をしたい方にもおすすめです。

さらに洗顔時の摩擦回数が減るため、うるおいを奪いすぎず、しっとりとした仕上がりになります。特に乾燥肌や敏感肌の方は要チェックポイントです。

  • 【注意点】

・ベタつきが残ってしまうこともあるいつもよりしっかりしたメイクの場合は洗顔を推奨します。
肌に残った油分がニキビの原因になってしまうこともあるので、肌の洗い上がりの様子を見ながら判断するようにしましょう。

お風呂場で使う場合(濡れた手でも使えるタイプ)

・濡れた手で使えるオイルなら、水と混ざっても汚れ落ちに大きく影響しないところが特徴
・バスタイム中にメイクも落としたいという人におすすめ
・「濡れた手OK!」「濡れたまま使える」といった表記のものを選ぶ

  • 【注意点】

・濡れた手の場合、乳化する力も弱まるので、しっかりメイクの日は乾いた手で使用することをおすすめ

マツエクをしている場合

・マツエクは、グルーと呼ばれる接着剤を使用しており、鉱物油系オイルの含まれたクレンジングを使うと接着が弱くなり取れやすくなる
(一部、鉱物油系オイルが配合されていてもマツエクに対応しているタイプもある)
・ただし、「一般的なグルー(シアノアクリレート系の成分)に限る」といった注意書きがされていることもあるので、
自身が使用しているグルーがどんな種類なのか把握しておく必要がある

クレンジングオイルの正しい使い方

クレンジングオイルを使用するときは、クレンジングオイルを水で洗い流す前にオイルと水を混ぜて乳化することが重要です。
乳化することによってメイクが浮いてくるので、乳化させずにそのまま洗い流すのは毛穴汚れを落とし切ってないことになります。

そもそも「乳化」とは?

「乳化」とは、簡単に言えば「油と水を混ぜること」です。
通常では混ざらない油と水を、しっかりと混ざった状態にすることを「乳化」と呼びます。
クレンジング剤に油が含まれているメイク落としでは、乳化の過程が大切です。
オイルクレンジングの他に、ホットクレンジング・クリームクレンジングなどでも乳化が必要となります。

乳化をしないくてもいいクレンジングもあります。
基本的に、オイルフリーと書いてあれば、乳化不要です。(水クレンジングなど)
ちなみに、乳化が必要なクレンジングにはグリセリン脂肪酸エステルなどの乳化剤が含まれています。

乳化が不十分で起こること

・クレンジング剤が小鼻など肌に残り、肌荒れの原因に

・クレンジングしても、メイクがしっかり落ちない
乳化が必要な理由は、メイクとクレンジングがなじんだものを肌からスッキリと洗い落とすため。
メイクが落ちたように見えても、乳化が十分にできていないと、肌表面には油に包まれたメイクが残っている状態です。
しっかりメイクの人ほど、オイルクレンジングを選択していると思うので、乳化を必ず行うようにしましょう。

クレンジングを乳化させる正しい方法

乳化を正しくするための手順やコツをまずは知っておきましょう。

  1. クレンジングとメイクをなじませる
  2. クレンジングのついた手のひらに水を少量加え、なじませる
  3. 濡れた手で顔全体をやさしくなでて、乳化させる
  4. 水でメイクとクレンジングをよく洗い流す
乳化のコツ

・適切な水の量:水を少量ずつ加える(まずは2~3滴手のひらでなじませて、足りなければ少しずつ水を足していく)
・適切な手段:乾いた手で行う(濡れた手でもOKと記載があるクレンジング剤以外)
・適切な時間:乳化完了までは30秒ほど(逆に1分以上だと、開いた毛穴に汚れが入ってしまうので乳化が完了したらすぐに洗い流す必要がある)

乳化のサイン

・クレンジング剤が白濁する
・感触の変化(クレンジングとメイクをなじませているときは、ヌルヌルとした感触ですが、乳化ができるとサラサラとした感触に変化)

乳化することで期待できること

・乳化がしっかりできていると、クレンジング剤を水で洗い流す時間が格段と短くてすむ
・乳化することで、くすみ防止につながる
(乳化させずに、小鼻や目のキワなどの部分にメイクが残ると、残ったメイクは肌へ刺激となり、メラニンを生成させてしまう)
・洗い流す際の肌への負担軽減に繋がる(乳化ができていないとクレンジングを洗い流す際に、ゴシゴシと擦る)
・乳化することで、毛穴汚れの減少も期待できる(丁寧にクレンジングをすると、毛穴に詰まっている皮脂汚れも落とせるんです。

その他のタイプもチェック!

リキッドクレンジング

しっかりメイクを落とせて洗いあがりサラッと

・水分をベースにつくられたクレンジングなので、比較的サラサラしていて使いやすい
・洗浄力も高めで、しっかりメイクでも落としやすい
・使い方はオイル同様
・オイルフリーのものが多いので、まつエクをつけている人でも使いやすい

水クレンジング

コットンでふき取るだけ!究極の時短クレンジング!

・洗い流しも洗顔も不要!コットンにたっぷり含ませてふき取るだけ
・化粧水まで完成しちゃうものもある

  • 【注意点】

・コットンなどでどうしても摩擦が生じてしまうので、注意。

クレンジングジェル

クレンジングジェルは、他のクレンジングとは少し違った使用感が特徴的です。

オイルは洗浄力が強すぎるけど、クリームはべたつくから苦手、、
という人にオススメなのがクレンジングジェル。

ただ、ジェルタイプは、種類によってもまた更に異なるんです。

オイルが入っていてしっかりメイクが落ちるものや、
ナチュラルメイク向けのものまで様々あります。

最近注目のホットクレンジングは、
ジェルタイプで毛穴の汚れに特化しているものが多いので、
毛穴が気になる方におすすめです。

硬めのテクスチャーなので摩擦も抑えられ、
比較的肌に優しいものが多いので、サラッと優しく洗い上げたい方にオススメです♪

クレンジングクリーム

一番肌に優しいといわれるクレンジング

・肌状態がよくないときや、荒れているときにおすすめ
・乾燥肌、敏感肌の人におすすめ
・クリームというだけあり、しっとり洗い上がるのが特徴

  • 【注意点】

・メイクなじみがあまりよくないので、顔の上でくるくるする時間も少し長め
・プラスで洗い上がりがとてもしっとりしているので、
苦手な人は洗い流す前にティッシュオフをしてあげるのがおすすめ

クレンジングバーム

しっかりメイクを落とせて肌の潤いも残せる

テクスチャーが特徴。

しっかりメイクもスルッと落ちるのに、
潤いを残したまま洗い上げることができるので肌の負担になりにくい

お風呂場では少し手間になるのですが、
最初は固形なので、指ではなくスパチュラなどで取るのがおすすめ。

手で温めるようにくるくるすると、柔らかいオイルのような質感に変わります

ミルククレンジング

ミルククレンジングは、比較的肌に優しいものが多く、

水分ベースなのでサラッとしているものが多いのですが、
しっとり洗い上がるのが特徴。

しっかりメイクを落とすのは難しいアイテムが多いので、
比較的にナチュラルメイクの人におすすめ。

アイテムによって少しづつ使用感が違うので、ミルクタイプの中でも肌に合ったものを見つけるのがいいかな、と思います。

肌にできるだけ負担をかけず、なおかつ乾燥を防ぎたいという乾燥肌の方に特におすすめです。

クレンジングシート

洗い流し不要!時短、忙しい人におすすめ

  • 【注意点】

・商品によっては、液が少なめのものが多く、液が少ないとシートが摩擦になってしまい肌への負担になる

アイメイクリムーバー

しっかりアイメイクの人におすすめ

・アイメイクリムーバーは、ウォータプルーフタイプのアイメイク(マスカラやアイライナーなど)やリップティントなど、
しっかりメイクされる人におすすめ
・クレンジング前に、目元だけこちらでアイメイクを落としておくと、クレンジング時の目元への負担が軽減

まとめ

今回、「クレンジングオイル」についてまとめてみましたがいかがでしたでしょうか?
オイルの種類が自分の肌に適切でなかった方、正しく使っていたようで、自己流の使い方をしていてクレンジング効果が十分に得られていなかった方も多いのではないでしょうか?

自分の肌タイプに合ったクレンジングオイルを選びと、正しい使い方で
いままで以上に、美肌に近づけましょう!

関連記事一覧