• HOME
  • 美容
  • 【失敗しないファンデーションの種類の選び方】肌質別・なりたい肌別・色選びのコツなど解説

【失敗しないファンデーションの種類の選び方】肌質別・なりたい肌別・色選びのコツなど解説

美容

ベースメイクの基本、ファンデーション。
あなたに合った正しいファンデ選び、できていますか?

そろそろ化粧品買い替えようかな?とお悩みの方へ、今回は「ファンデの選び方」をご紹介します!選び方をはじめ、いまさら聞けない自分に合った色の選びも徹底解説します!ファンデーション選びの参考にしてみてくださいね♪

基本編!ファンデーションの種類とタイプ

まずファンデーションのタイプ、クリームファンデ、リキッドファンデ、ミネラルファンデ、などそれぞれの種類ごとのファンデーションの違いを知りたい方はこちら>>
それぞれのファンデーションの違いを理解していれば自ずと選ぶファンデーションは決まる!と思いますが、
そうではなく自分の求めているファンデーションの選び方を知りたい!という方はこの記事を読んでみてくださいね!

2通りのファンデーションの選び方

あなたに合ったファンデーションを選ぶためには、2通りの選び方があります。
肌タイプ・肌質から選ぶ
なりたいイメージやこだわりが特になく、なにを選べばいいかわからない~!という状態の場合は、肌質と相性がいいファンデを選ぶのが崩れにくく肌に馴染みやすいため一番のおすすめ。
なりたい肌や雰囲気から選ぶ
化粧の中でもかなり印象を左右するのがファンデ。どんな肌になりたいかによって使うファンデも異なります!

肌タイプ・肌質から選ぶ

肌質は大きく分けると4つに分けることができます。

・混合肌
・乾燥肌
・敏感肌
・油性肌

自分の肌質に合うファンデをチェックしてみてくださいね。

混合肌

・パウダーファンデーション
・リキッドファンデーション

乾燥肌と油性肌を持ち合わせた混合肌さんに一番良いのは、部位によってリキッドとパウダーを使いわけです。併用しない場合はこれらのリキッドかパウダーファンデを使用するのがおすすめです♡

・リキッドファンデーション:余分な皮脂をコントロールしてくれる皮脂吸着成分入り
・パウダーファンデーション:保湿成分が含まれたもの

乾燥肌

・リキッドファンデーション
・クッションファンデーション
・クリームファンデーション

頑固な乾燥肌に向いているのは、クリームファンデやリキッドファンデのような「しっとり感」や潤いを長時間キープできるもの。なのでこのような粉よりも油分を含んだタイプが向いています。
敏感肌

・ミネラルファンデーション
・CCクリーム

敏感肌さんは外部から影響やダメージを受けやすい状態となっていてとってもデリケートな肌。
外部の刺激で炎症を起こしやすいため、まずは外部的要因(乾燥、ホコリ、髪の毛など)から肌を守ってあげましょう。肌への負担を最小限に抑えるために、ミネラルファンデのようにスキンケア成分が入っているものや、低刺激のもの、uvカットしてくれるものが良いでしょう♪
油性肌

・パウダーファンデーション
・ミネラルファンデーション

もともと油分がオイリー肌さんはさらにファンデで油分をのせると肌に定着せず崩れてしまいます。
油分を含んだファンデではなくサラサラしたパウダーが皮脂を吸収してくれるタイプが向いてます♪

なりたい肌や雰囲気から選ぶ

化粧では雰囲気作りを重視したい!という方はこちらの選び方がおすすめ。自分のするメイクによってファンデを選ぶことによって全体のバランスも整います。わりと濃いめのお化粧をしたい、という方にはマット肌、ナチュラル志向の方にはツヤ肌がおすすめ。

 

マット肌になりたい!

マット肌とは、マシュマロみたいな、ツヤはないけどふんわりした質感の肌のこと。
マット肌になりたい方は下地もしっかりと使い土台を整えてから、パウダーファンデーションを使いましょう。
また、リキッドファンデーションでもマットに仕上がるものがあります。パウダー、リキッドどちらにしても、メイク前の保湿と下地作りが大切。肌が乾燥した状態でマットな仕上がりのファンデーションをのせると、粉っぽくなり、シワが目立って老けた印象になりやすいので注意しましょう。

ツヤ肌になりたい!

ツヤ肌は、透明感とツヤっとみずみずしさのある肌のことで、最近はツヤ肌の方が人気です。
素肌っぽくしたい方におすすめ。そんなツヤ肌になりたい方は、リキッドファンデーションクッションファンデーションを選ぶといいですよ。
また、ファンデ前に乳液で保湿をしっかりして、ファンデも薄づきにすればもともとお肌が持ってる自然なツヤ感を出してあげましょう♪さらにハイライトを入れてあげるとピンポイントでツヤっとするためおすすめ♡

ただ単純にナチュラル志向の方はミネラルファンデBBクリームでさらっと赤みだけ抑えて仕上げるのがおすすめ。

ファンデーションの色味の選び方

ファンデのタイプが決まったところで、次はファンデの色味の選び方です!

まずファンデーションを選ぶとき、化粧品売り場で手の甲や腕に塗って色味を決めていませんか?実は手の色と顔の色ってかなり違うんです。なので手に出すのではなく、できれば「フェイスライン」で自分の肌の色に合っているか見ましょう。顔の色に一番合っている色を使わないと顔だけ浮いた印象になってしまうので要注意。

また、ニキビや毛穴などの肌悩みを隠す基準で色選びをすると厚塗り感がでてしまいます。肌悩みではなく肌色に合わせましょう。ニキビや毛穴隠したい場合はファンデですべてカバーしようとせず、コンシーラーを使いましょう。

コンシーラーの選び方はこちら>>

最後に

いかがでしたか?自分がほしいファンデーションの種類は見つかりましたか?ぜひファンデーションを選ぶ際には参考にしてみてくださいね♪

【番外編】下地の選び方はパーソナルカラー診断がおすすめ!

また、ファンデ選びの前に意外と重要なのが、下地の色選びです。肌によって似合う色が違うため、下地の色はパーソナルカラーで選ぶのがおすすめです。自分のお肌が一番魅力的に見える下地カラーと自分のなりたい肌に合わせたファンデーション選びで、綺麗な美肌を作りましょう♡

さらにこれからの時期注意したい紫外線はくすみのもと。下地はUVカットできるものをおすすめします。

『パーソナルカラー』の関連記事
自分がブルベか、イエベがまだわからない、という方はコチラから診断♪
ブルベメイクの方法を知りたい方はこちら>>
イエベメイクの方法を知りたい方はこちら>>

関連記事一覧